マンション購入日記

新築マンションの契約から入居までの記録

物件探し④

続いて検討したのは、今回契約した某マンション。中堅のデベロッパーで、規模も30戸弱の小規模マンションです。

まずは資料請求。しかし、なぜか1週間経っても資料は送付されてこず、仕方ないのでwebでモデルルームの見学を予約。

営業担当の話では、価格は1週間後の土曜日に決まる予定とのことで、おおよその金額設定も教えてくれませんでした。1週間後に決定した価格を聞いたところ、予想よりもやや安い印象です。ただ、同じ間取りで1Fと2Fの差が200万、2Fと3F、3Fと4Fの差がそれぞれ100万、4Fと5Fの差が200万あり、思ったよりも階数の差が大きかったかな。4Fを希望したのですが、既に予約が入っており、結構悩みましたが、最終的に1Fの部屋を申し込みました。

f:id:coco201206:20190807225625p:plain

1LDKですがワイドスパンなのと、小さいながらもテラスの奥には専用庭があるので、少しは解放感もあるのでは、という点、そして金額も割安と判断したのが購入の決め手です。色々と物件を探していても、1LDKの間取りって細長かったりけっこうひどいのが多かった中で、立地、間取り、金額のバランスが比較的いい物件かなぁと思っています。

引越しに向けて断捨離中

引越し予定日まで約1か月となりました。引越しまでは、なるべくモノを買わないようにしていましたが、あわせて新居は今よりも狭くなるので、不要なものは処分を進めています。特に、ソファーと冷蔵庫は新居へ持って行かない予定なので、引越しまでに処分しなければいけません。

f:id:coco201206:20190804203635j:plain

ソファーは、ニトリで7年前に購入したものです。カバーを掛けて使っていたので、目立った汚れなどはないものの、座ったらヘタっているのが分かるようになってきました。このソファー、粗大ごみで処分した場合は2,000円かかるのですが、そもそもゴミ置き場まで一人で運ぶことは到底できない大きさです。そこで、ジモティーで誰かに引き取ってもらうことにしました。ジモティーは以前に2回、家具を譲ったことがありますので、早速写真を撮って投稿。既に7年使用したことや、遅くとも2週間以内に引取先を見つけたかったことから、0円で設定しました。もちろん、引き取りに来てもらえる人限定です。

すると、投稿した直後から反応が。結局4名から申し出がありました。ここまで反応があると、0円の設定がミスだったのかと思わなくもないのですが、なんにせよ早めに引取先が見つかってよかったです。

冷蔵庫については、今日近くのヤマダ電機で処分を依頼しました。こちらは自宅まで引き取りに来てもらって、リサイクル料など含め8,532円かかるとのことでした。2週間後に引取りなので、それまでに冷蔵庫の中を計画的に減らしていこうと思います。

住宅ローンの検討③

三菱UFJ銀行へ住宅ローンの事前審査を依頼後、1週間ほど経過したころに連絡がありました。審査の結果、提出した前年の確定申告の内容(大阪の物件の不動産収入)に不備があるため審査は「保留」、税務署へ修正申告しなければ審査は継続できない、と言われました。まあ、銀行が指摘した不備はそのとおりなのですが、修正申告したらローンは承認されるのか聞いても、「それは何とも言えない」としか回答してくれません。

ただ、銀行としても、わざわざ修正申告させ、約45,000円追加納税させた結果、「否認」することはないだろうと考え、後日速やかに税務署へ修正申告し、追加での納税をいたしました。

修正申告してからは承認されるかドキドキの日々でしたが、1週間後、無事に事前審査「承認」の連絡がありました。もちろん、現在の残債を完済するといった条件はありません。ネット銀行は個別の事情はあまり考慮されず、一律に審査されますが、メガバンクや地銀などは個々の事情を考慮して審査してくれるような印象がありましたので、ややこしい事情があるけど、融資してもリスクが少ないことをアピールできる人は、ネット銀行よりもメガバンクなどを借入先の候補にされてはいかがでしょうか。何はともあれ、ローンの借入先の目途がついて一安心しました。

住宅ローンの検討②

まずは、じぶん銀行へ事前審査を依頼しました。ネット銀行は事務手数料が借入額の2.16%と高いのがネックですが、何といっても低金利が魅力です。また、がんと診断されたら残債の50%が保障されるプランは金利の上乗せがないのもセールスポイントです。

Webで事前審査を依頼したところ、すんなり満額借入可能との回答がありましたが、「現在のローン残債をなくすこと」という条件付きでした。新居を購入したとしても、現在住んでる物件は売却せず賃貸に出したいと考えており、また当然ながら手持ち資金で約2500万円の残債を完済することもできないため、残念ながらじぶん銀行は却下となりました。どうやら、ネット銀行は概ね初めて住宅を購入する人には優しいものの、自分のように既に借り入れがある人にとっては難しいようです。

そうなれば、残る候補は三菱UFJのみ。こちらは、ネット銀行とは異なり実店舗で随時ローン相談会が開催されています。早速、土曜日の相談会を予約し、出向きました。相談会は1:1で、検討中の物件情報、収入(源泉徴収票、確定申告書)、所有する不動産(登記簿謄本)、現在のローン残債などの情報を提供し、事前審査を依頼。特に、大阪で所有しているマンションは年間約190万円の賃貸収入があること、また現在住んでいる江東区のマンションは、新居購入後に賃貸に出したいことなどを説明しておきました。相談した限りでは、特にここが問題となりそうといったことも言われず、借入できそうな印象でした。

 

つづく

住宅ローンの検討①

 

f:id:coco201206:20190611000741j:plain

これまで3軒のマンションを購入しましたが、いずれも住宅ローンを組みました。今回も、フルローンを予定していましたので、物件の検討と併行して住宅ローンも検討しました。

まずは、固定金利か変動金利か、ですが、今回は変動にすることに。1軒目のマンションは、その後の金利上昇を見込んでフラット35を使いましたが、予想は見事に外れ、その後も(長期)金利は低下の一途・・・。よって、変動金利で低金利を享受し、将来金利が上昇した場合はなるべく繰り上げ返済する、という計画にしました。

次に、どこの銀行を使うかですが、私の場合はまずローンに付帯する団体信用生命保険(団信)を調べました。希望としては、「三大疾病保障」か「がん」保障の団信があるローン。要は「がん」の保障がある団信を探しました。だいたいの銀行では、0.1~0.3%程度の金利上乗せでこれらの商品を用意してあります。ここで注意すべきは、「支払事由」。がんと診断されたら残債分が支払されるもの、がんで1年以上就業不能となった場合に支払されるものなど、該当条件は様々です。私は、がんと診断されたら即支払される団信を探しました。

最終的に候補としたのは、三菱UFJ銀行じぶん銀行。みずほや三井住友の三大疾病付団信は、融資時年齢が46歳までという条件があり、候補外に。それ以外の銀行も、ほぼ50歳が上限になっています。そもそも団信は生命保険の一種ですが、通常の生命保険と異なり、保険料(コスト)が加入年齢によって変わらない、という大きな特徴があります。つまり、加入年齢が高いほど加入者にとっては相対的に有利ということになるので、40代後半のオジサンは普通のがん保険に加入する代わりに団信でがんの保障をしておこう、という考えです。

 

つづく

物件探し③

後日、グランドメゾン目白新坂のモデルルームを訪問。

希望の1LDKの部屋は2つ空いているとのこと。いずれも1Fになりますが、道路からはだいぶ高い位置にあります。マンションの模型も見ましたが、都心にもかかわらず中庭が広くてゆとりもあり、エントランスなどの共有部分、室内の設備もなかなか豪華です。

そもそも、このマンションは結構前に建設計画があったものの、近隣住民の反対などで頓挫していたという「訳あり物件」で、そのためか価格は比較的抑えめな印象でした。購入するか非常に迷いましたが、一番の懸念材料は入居予定が2020年12月と、2年4ヵ月も先だったこと。さすがにそこまで待つことは厳しいと考え、購入は断念しました。

物件探し②

次に検討したのは、グランドメゾン目白新坂。有楽町線江戸川橋駅徒歩4分、総戸数68戸のマンションです。プランは、46平米の1LDK。戸数の割にはスケールが大きいマンションです。

f:id:coco201206:20190611212424p:plain

この物件は、山手線の内側、駅から徒歩4分、高級住宅地や椿山荘も近くということで立地、環境はよさそうですが、江戸川橋も行ったことがない街でしたので、休みの日に現地へ行ってみました。

駅の改札を出て現地へ向かいましたが、改札から地下鉄の出口までが遠い!「駅徒歩〇分」との表記は、改札からではなく出口からカウントするので、ホームから改札、あるいは改札から出口まで距離がある場合(特に地下鉄)は注意です。

現地まではやや登坂ですが、これはデメリットというよりメリットかと。まわりは高級住宅地でもあり、雰囲気もよさそうな街でした。帰りは神楽坂駅まで歩いてみましたが、さすがに距離があり通勤で使うのは厳しそう。

とりあえず、後日モデルルームを訪問することにしました。

 

つづく